家庭用太陽光発電

震災の影響などもあり、今家庭用の太陽光発電の需要が増えて来ています。自然光を使った発電には、非常に多くのメリットがあります。しかし、決してメリットばかりではありません。そこで太陽光発電を考えていらっしゃる皆さんに、検討されている理由やご意見を伺ってみました。

将来の子供たちのために

今は省エネを考える時代、電気機器もどんどん効率が良くなり、自然エネルギーを活用した太陽光発電にすることで、将来の子供たちの不安を少しでも軽くしてあげたいと考えている方も多いようです。

メーカーの保証も10年と他の電気機器に比べても長いのが特徴です。

寿命も20年とも30年とも言われていますが、後10年すると今よりももっと熱効率の良い電気機器が開発され、太陽光パネルの性能も良くなってくるでしょう。20年で投資を回収出来るのではないかという話もありますが、そのことよりもむしろ、自然エネルギーを使うことの楽しさや誇らしさを味わうことが出来ると考える方が多いようです。

自宅の新築や改築で導入を考えている

オール電化と太陽光発電

自宅の増・改築や新築で導入を決めた方は、老後の安心への自己投資ということで「エコキュート」や「IHクッキングヒーター」などと共に、太陽光発電を考えられる方が多いようです。

日当たりの良いご家庭であれば、効率よく発電が出来るばかりか、余った電気は電力会社に販売できるというメリット、補助金などがでる間にということで導入を決められた方もいらっしゃいます。

太陽光発電の不安にお答えします。

費用が高い

営業マン

光熱費は一生払い続けることになる費用です。将来の負担が減ることは、魅力的です。しかし、導入費が高ければ、投資しても無駄と考える方も多いでしょう。いくら経済成長率が低くなったとは言え、物価はわずかながらも、年々上昇を続けます。5年後10年後の電気料金は、一体いくらになってるでしょうか?今ならまだ補助金で補填出来ます。支払える時に導入し電気代が変動しても安心して生活が送れることの安心感と比べて、これなら導入を考えてみようという場合には、思い切って導入を検討してみるのも良いかもしれません。


※太陽光パネルは南向きに設置した時に最も効率よく発電を行います。日中長時間日陰の時間が出来るなど太陽光発電にしてもメリットがないという場合もありますので、お気軽にご相談下さい。

将来的なメリットを感じられない場合には、たとえ導入を検討されていらっしゃる場合でも、オススメはいたしません。

夜間や降雪時には発電が出来ない

確かにおっしゃる通りです。太陽光を利用する発電のため、太陽光が出ていない時は、その発電効率はいちじるしく落ちます。但し、元になるエネルギーが太陽光なので、発電時のコストは0円。また、発電に際して廃棄物を出さないというメリットもございますので、総合的にご判断下さい。

東京地方においては、降雪があったとしても、1年に数回程度です。そういう意味では、太陽光発電は比較的安定した気候に恵まれて居る関東地方向けと言えるのかもしれませんね。
ちなみに日中たとえ曇り空であっても発電は行います。『エコキュート』と組み合わせることにより、夜間は夜間電力を使用して給湯し、夏場や冬場の日中エアコンなどの電力を大量に消費する間は、太陽光を利用し省エネする。今後は住宅用蓄電池などと組み合わせることにより、さらに効率化が進みまさに電気代ゼロの時代が近づいて来ているのかもしれませんね。

太陽光屋根台帳

先日の「朝日新聞」の記事です。

 

東京都が太陽光発電の普及へ向けて、260万棟マップを作成したんです。

 

要するに

 

「お宅の屋根は太陽光発電に向いてる?」

 

というのが、一目で分かってしまうんです!

 

 

この「屋根台帳」の素敵なところは、

 

日影

 

屋根の傾斜

 

を考慮しているところなんです!

 

 

TOKYO太陽ポータルサイト

http://www.tokyosolar.jp/

 

 

今すぐアクセス!