じめじめシーズンがやってきました!

こんにちは、西小山店の倉田です。

 

そろそろ梅雨のシーズンがやって来ます!なので今回は除湿機の違いを載せたいと思います。湿気はもちろん衣類乾燥模まで出来るすぐれものです。

デシカント式、コンプレッサー式ハイブリット式の3.種類があり、それぞれに特徴があります。

ただ共通して言えることは湿気は取れるけど部屋の温度は上がりますのでご注意下さい。

デシカント式(ゼオライト式)

○なところ 軽い、運転音が静か、温度が低くても除湿能力が下がらない。

×なところ 消費電力が高い、ヒーターを使うので温度上昇率が高い。

コンプレッサー式

○なところ 除湿能力が高い、デシカント式に比べると消費電力が低い。

×なところ 運転音が大きい、重量がある、温度が低いと除湿能力が下がる。

自治体によっては処分費用が高価になる。

ハイブリット式

コンプレッサー方式とデシカント方式の2つの除湿方式を1台に搭載。

梅雨や夏場に強くて省エネ性能の高いコンプレッサー方式と、低温時にも除湿量をキープできるデシカント方式を組み合わせ、気温に左右されることなく一年中パワフルに乾かせます。