こんなに違う!LED電球のしくみ

こんにちは、西小山店の福島です。

 

年々普及してきました「LED電球」。

 

東京都では、昔の電球2個とLED電球1個を交換してくれる普及活動もしていますね。

(ちなみにマツヤデンキでも受付してます)

価格も、何年か前よりはかなりお求めやすくなってきています。

同じ60ワットのLED電球なのに、これは高いですね。

 

LED電球の安いものと高いものの違いは何なんでしょう?そもそも違いはあるのでしょうか?

LED電球は、ランプ部が光るときに、(上図←)電解コンデンサーという部分に熱をもちます。

この部分が異常に高温になると(内部温度100度以上!)「40000時間」はおろか、寿命は三分の一から四分の一になります。

高い電球は、この部分の温度を制御する構造になっていて、高寿命で使えます。

 

 

なんでも高い電球をつければいいというわけでもありません。あまり使わないところであれば、お求めやすい方でもいいかもしれません。場所、用途に合わせてお選び下さい!